起立性調節障害と欠席

起立性調節障害になると学校や会社を欠席するような事が、度々ありがちになります。そうすると様々な問題が起きてきます。ここではそうした事も踏まえて説明していきたいと思います。

起立性調節障害の欠席の原因

起立性調節障害の人が学校や会社を休む原因は、やはり朝になると具合いが悪くなるからです。頭は痛いし、気持ち悪くもなるし、めまい、ふらふらするという症状が出るのです。それに朝起きると、体に力が入らないので学校や会社に行けるような状態では無いのです。だから起立性調節障害の人は欠席するのです。決して怠けではありません。

午後から楽になる事もあるが

起立性調節障害の人は午後から楽になる事もあるので、午後からなら学校や会社に行ける人もいます。しかし中には夕方まで具合いの悪い事も多いのす。そうすると特に学生の場合、夕方はもう放課後なので、それから登校しても仕方が無いので、欠席するという事になるのです。

起立性調節障害 欠席

学校を休んでばかりいると

ところで起立性調節障害の学生が学校を欠席ばかりしてると、進級や卒業が出来なくなるという問題が出て来ます。小学生や中学生は、欠席が多くても進級も卒業も出来ますが、高校生や大学生になると出席日数が足りなくなると、進級も卒業も出来なくなってしまいます。高校生の場合、進級できないと1年遅れて年下の人と一緒に学校生活を送る事になってしまいます。そんなのが嫌ならば通信制の高校に転入する方法もあります。

会社を休んでばかりいると

人間はいずれ社会に出て働いて、経済力を身に付けていかないと生きていけません。だから社会人になっても起立性調節障害が治らないで会社を休んでばかりいたら、大人としての社会生活を送る事が出来なくなってしまいます。だから就職したら、学生みたいに気楽に休む事は出来なくなります。ですので、もし社会人になっても起立性調節障害が改善してないならば、早急に治すべきです。

学生の内に治しておきましょう

だから出来れば社会に出る前の学生の内に、起立性調節障害を治してしまいましょう。そして欠席する事のないように毎日学校に行けるようにしておきましょう。そうすれば安心して社会に出ていけるようになります。そこで遠藤自律神経研究所は起立性調節障害を専門に施療を行っておりますで、当所の施療を受ければ学校を欠席する事も無くなっていきます。病院に行っても薬を飲んでも改善しない方は、一度お試しください。