起立性調節障害のおすすめの治し方

ここでは起立性調節障害のおすすめの治し方を、ご紹介します。皆様もきっと何かよい方法をお探しの事だと思います。これからご自分でも実践できる簡単な方法を、ご紹介しますので、参考にしてみて下さい。なお薬やサプリを飲んでも改善しない方が多いので、薬やサプリについては、ここでは書かない事にしました。

昼間はなるべく起きてる

起立性調節障害の人達におすすめする治し方としては、とにかく日中は、なるべく立ってる時間を長くする事です。もし立ちくらみなどで辛かったら座っても良いので、とにかく横にはならないようにする事です。それが、おすすめの起立性調節障害の治し方です。

ふくらはぎの筋肉を鍛える

ふくらはぎは第2の心臓と呼ばれております。そこを鍛えると足に沈みがちな血液の流れが良くなります。だから起立性調節障害の人達には、おすすめの治し方と言えます。鍛え方の方法は簡単です。「かかと上げ運動」と言って、両足のかかとを上げたり下げたりを繰り返すだけで良いのです。それで、ふくらはぎの筋肉が鍛えられて全身の血流が良くなります。

ふくらはぎをアッサージする

それから、ふくらはぎをマッサージするだけでも良いです。その場合は、心臓の方向へ向かってマッサージしましょう。そうすると血流が良くなり、脳にも血液が行きやすくなります。だからこの方法も、起立性調節障害の治し方としては、おすすめします。

起立性調節障害 治し方 おすすめ

とにかく歩くこと

起立性調節障害の人達は重症になると、日中は寝てるか座ってるかになり、立ってる時間が短くなります。すると足の筋肉が弱ってしまいます。ふくらはぎの筋肉が弱まると、足に沈みがちな血液を静脈から心臓の方へ押し戻す働きが弱くなります。すると脳への血流も減ってしまい、具合いが悪くなります。だから、とにかく歩きましょう。歩けばふくらはぎの筋肉も鍛えられて全身の血流が良くなりますので、歩く事は起立性調節障害の治し方としては、本当におすすめします。

朝、早く起きる努力をする

起立性調節障害の人達は、朝、5分でも良いので昨日よりも早く起きる努力をすると良いでしょう。もちろんベットから起きあがらないとダメです。もち立ってるのが辛いなら座ってでも良いです。そして落ち着いたら立ち、辛くなったら座るを繰り返して、少しずつ立ってる時間が長くなるようにしましょう。この方法も起立性調節障害の人達には、おすすめの治し方です。

当所の手技療法を受ける

今までご紹介した治し方を、ご自分で実践しても改善しないならば、1度、埼玉県さいたま市にある遠藤自律神経研究所の手技療法を受けてみる事をおすすめします。当所は起立性調節障害を専門にしてますので、お任せ下さい。当所の手技療法は自律神経を調整する手技療法を行ってます。