起立性調節障害と将来

起立性調節障害の子供は、自分の将来に不安を感じてる方も多いはずです。何しろ毎日のように学校に遅刻したり休んでたりしたら、このままだと自分の将来はどうなってしまうんだろうと、漫然として不安を感じるのは当然です。それは何も子供自身だけでなく、その保護者の方だって同じでしょう。だから1日でも早く、起立性調節障害を改善して頂きたいと思います。その為なら私も精一杯のお手伝いをさせて頂きます。

将来に不安を覚える理由

起立性調節障害の学生が、自分の将来に対して明るい希望を持てなくなってしまうには理由があります。それは毎日、朝起きれないで遅刻や欠席を繰り返していると、何だか自分だけ競争についていけない疎外感を感じてしまうからです。すると、このまま学校の勉強についていけなくなったら、自分の将来はどうなってしまうのだろうと考えてしまうのです。

未来を悲観する必要はない

しかし起立性調節障害の人は、そう簡単に将来を悲観する必要はありません。何故なら、ちゃんとした治療を受ければ治るからです。そして起立性調節障害が治ってしまえば、また学校に遅刻せずに行けるようになるのです。そうすれば、また皆と一緒に勉強する事が出来ます。するとまた自分の将来に、明るい見通しを持つ事が出来ます。

起立性調節障害 将来

18歳頃になれば軽くなる事も多い

それに例え中学の時は起立性調節障害が重症でも、18歳頃になると、だいぶ症状が軽くなる事もあるからです。つまり大人になるにつれて軽くなるのが、この病気の特徴なのです。だから決して、将来を悲観しないで下さい。そして大学を卒業する事になれば、ちゃんと就職できるようになる事も多いです。

大人になっても改善しない場合

中には大人になっても起立性調節障害が治らず、朝起きれない事もあります。この場合だと、さずがに将来が不安になるでしょう。そうした場合は、今の治療法方法を見直してみて下さい。例えば効かない薬を、ずっと飲み続けていませんか? それなら薬以外の治療法を試した方が良いでしょう。

起立性調節障害専門の施療所

遠藤自律神経研究所は起立性調節障害を専門に施療してます。薬を使わない手技療法で根本的に改善させます。だから将来に不安を抱いている方は、一度、当所にいらしてみて下さい。是非、お役に立ちたいと思っております。