起立性調節障害と集中力の関係

起立性調節障害になると集中力が落ちるという事が、しばしば起こります。そうすると中学生、高校生などの受験勉強を控えている学生にとっては致命的な症状となります。社会人なら仕事のミスの原因になります。では起立性調節障害と集中力について説明していきます。

集中力が落ちる原因

起立性調節障害の人が集中力が落ちる原因は、脳に十分な血液が行かないので、それで頭がボーとしてしまい思考力が落ちるからです。頭を使うには脳にブドウ糖が必要です。そのブドウ糖は当然、血液が運んでるのだから、脳への血流は十分でなくてはなりません。しかし起立性調節障害の人は、血圧の低下により脳への血流が不十分なために、頭が働かなくなり集中力もない状態なる訳です。

勉強に支障が出ます

起立性調節障害の人は集中力がないと、日常生活において大きなな支障が出ます。中でも深刻なのが受験生の勉強への影響でしょう。何しろこの病気は思春期に多発する訳ですから、受験を控えている中学生や高校生にとっては深刻な問題な訳です。勉強しても集中力が無いと、普通の人の何倍も時間がかかってしまいます。しかし1日は24時間と決まってますので、当然人よりも勉強が遅れてしまいます。すると起立性調節障害の学生の学校の成績は、落ちていってしまいます。

起立性調節障害 集中力

仕事にも支障が出ます

起立性調節障害は何も子供だけの病気ではありません。大人だってなる病気です。すると社会人の方なら集中力がないと、仕事にも悪影響が出ます。午前中から頭がボーとしたら、朝からミスの連続となります。それじゃあ周りに迷惑をかけるし信用も落ちます。それに危険な仕事だったら、怪我の原因になります。だから早く起立性調節障害を改善させて集中力を発揮できるようになって下さい。

脳の血流を良くする方法

起立性調節障害の人が集中力がない原因は、脳への血流が不十分な為だと説明しました。ではどうすれば脳への血流を改善する事が出来るのでしょうか? それは自律神経を調整すれば良いのです。起立性調節障害の人は低血圧が原因で脳へ血液が行かないのだから、血圧の調整をすれば良いのです。血圧の自動調節は自律神経が行ってます。しかし薬を飲めば、すぐに改善できるという問題ではありません。

そこで遠藤自律神経研究所は、薬を使わないで自律神経を調整する事により、脳への血流を良くして起立性調節障害を改善します。だから集中力も増してきます。すると勉強も仕事も以前みたいに出来るようになります。すると成績も上がっていきます。病院に行って薬を飲んでも集中力が改善しない方は、起立性調節障害を専門とする遠藤自律神経研究所の整体療法にお任せ下さい。埼玉県さいたま市にあります。