起立性調節障害とテスト

起立性調節障害の小学生、中学生、高校生、専門学校生、大学生などの学生にとってテストは、とても大事なものです。テストとは日頃の勉強の成果を試すものであり、またそうしたテストがあるからこそ、勉強のやる気も出てくるものだからです。そして他の人達と順位を競争する事により、更に勉強のやる気に火と付けてくれたりもします。ところでその大事なテスト中に、起立性調節障害の為に具合いが悪くなって実力を発揮出来なかったら、これほど残念な事はありません。

テスト中は脳がフル回転

勉強中はもちろんの事、特にテスト中は脳がフル回転してないと、問題は解けないものです。何しろ限られた時間内に、全ての問題を解かないといけないのだから起立性調節障害の学生にとっては大変でしょう。なぜなら起立性調節障害の人は、低血圧の為に脳に十分な血液(栄養と酸素)が行き渡ってないからです。特に午前中が辛いのです。しかしテストは朝から始まるので、タイミング的にも不利な訳です。

例え実力を発揮できなくても

起立性調節障害の学生さんは、例えテストで本来の実力を発揮できなくても自信を失う必要はありません。なぜなら本当は出来るはずだからです。普段の自分なら解ける問題でも、テスト中、起立性調節障害の為に頭がボーとしてしまったので、たまたま解けなかっただけなのです。だからこの病気さえ治ってしまえば、いつもの自分の実力を発揮できるでしょう。

起立性調節障害 テスト

家では勉強しておきましょう

もちろん普段から家で勉強しておかないと、例え起立性調節障害が治ったとしてもテストで良い点数なんて取れる訳ありません。だから起立性調節障害の学生は、家庭学習が非常に大事な意味を持つ事になります。何故なら、この病気の学生は、朝が具合いが悪い事が多いので遅刻や欠席が多くなりがちです。だから授業に出れないか、例え出ても集中できない事が多いです。だからこそ起立性調節障害の学生は、帰宅してからの家庭学習がとても大事な訳です。そうしないと勉強についていけず、テストで良い点を取れません。

テストや受験で実力を発揮する為に

テストで実力を発揮する為には、とにかく起立性調節障害を改善させないといけません。そうしないと例え、問題が解ける実力があったとしても、テストに集中できずに解ける問題もミスの原因になるからです。そこで遠藤自律神経研究所は起立性調節障害専門の施療所なので、私にお任せ下さい。そして前途ある学生さんの、未来を応援致します。