起立性調節障害の高校留年・中退

起立性調節障害の高校生は学校を遅刻・早退・欠席ばかりしてると、単位が取れなくなって高校を留年する結果となってしまいます。もし1学年下の人達と一緒に学校生活を送りたくなければ、中退せざるおえなくなります。今回は起立性調節障害の高校生にとって避けては通れない、その辺の問題について考えていきたいと思います。

単位不足で高校留年になる

高校生は中学生と違って、いくら学校を休んでも進級も卒業も出来るような甘い世界ではありません。もしかしたらその辺を感違いしている起立性調節障害の高校生も居るかもしれません。高校は授業の出席日数が足りないと、上の学年に進級が出来なくなるので留年になってしまいます。だから丸1日学校を休む事はもちろん、遅刻や早退も多いと単位不足で高校を留年する事になる場合があります。留年が嫌なら高校を中退する事になります。

高校を留年するという事は

高校を留年するという事は、1学年下の人達と一緒に対等に学校生活を送る事になります。その辺の人間関係もクリアしなければなりません。起立性調節障害の高校生は、神経過敏な子が多いので、もし留年して年下の子達と一緒に生活を送る事が大きなストレスを感じるならば、そのストレスが余計に起立性調節障害を悪化する原因になります。その辺の事は大丈夫なのか検討する必要があります。もし無理そうならば中退して、他の方法で高校を卒業する道もあります。

起立性調節障害 高校留年・中退

中退しても高校を卒業する方法

もし起立性調節障害の高校生が、不登校が原因で中退した場合は、通信制、又は定時制の高校に転入する方法があります。そうすれば、全日制みたいに毎日、朝から登校する必要が無いので、マイペースで単位を取り卒業する事が出来ます。だから起立性調節障害の高校生は、今の学校に行けなくなって留年の危機が迫っていても、将来を悲観しないで下さい。

いずれにせよ治す事が大事です

ところで例え、今の高校を中退して通信制の高校に転校したとしても、或いは留年して今の学校に通い続けたとしても、結局は起立性調節障害を早く治さないといけない事には変わりはありません。中退して通信制や定時制の高校に転校しても、いずれは社会に出ないといけない訳ですからね。また留年した場合だって、今度こそは絶対に進級しなければならない訳ですからね。だから早く治すべきです。そこで起立性調節障害を専門に施療している遠藤自律神経研究所が、高校生の人達を全力で応援致します。当所は薬を使わない手技療法で、根本的に改善させます。きっと今まで治らなかったのは薬が効かなかったからでしょう。だから起立性調節障害を根本的に改善させたかったら、当所にお任せ下さい。