起立性調節障害と就職

起立性調節障害の人達にとって就職はとても大きなハードルとなる場合があります。と言うのは、朝みんなと同じように起きれないからです。だから遅刻の原因になります。学生の時は自分がお金を払う立場だし責任も無いので気楽で良いですが、社会人はそういう訳にはいきません。何しろ自分がお金を頂く立場だし責任があるのです。だから起立性調節障害の人にとって、働く職場選び、すなわち就職活動は慎重になる事でしょう。

就職を考えている人のイラスト(女性)

就職先の選び方

起立性調節障害の人は就職する会社を選ぶ時は、次のような事に気を付ける必要があります。

・朝早過ぎる職場は避ける
起立性調節障害の人は、とにかく朝早い時間は具合い悪くて起きれないので、始業時間が早過ぎる職場は避けましょう。

・通勤時間が長い職場も避ける
通勤時間が長いと、当然、それに合わせて朝も早く起きないといけないので、遠過ぎない職場が良いでしょう。

・不規則な勤務体制は避ける
起立性調節障害の人は規則正しい生活が大事です。だから就職するならば早寝早起きが出来る職場を選ぶべきです。つまり、だいたい朝の9時頃に始まり~18時頃に終わる職場が良いでしょう。もちろん夜勤のある仕事は止めましょう。

忙しく仕事をしている男性会社員のイラスト

・ハードな職場に注意
起立性調節障害の人は治るまでは、ハードな仕事は避けるべきです。だから就職する時は、残業時間が長いとか休日が少ないなどの忙し過ぎる職場は避けるべきです。

・車の運転に注意
起立性調節障害の人は頭に血液が行き渡らない事が多いので、頭がボーとしたり集中力が無くなりがちです。そんな状態で車の運転をしたら危ないです。だからドライバーの仕事を就職先として選ぶのはどうかと思います。

・危険を伴う仕事に注意
その他、危険を伴う職場も起立性調節障害の人は就職先として選ぶべきではありません。例えば立ちくらみをしやすい方は、高い場所での仕事は止めるべきです。また頭がボーとして判断ミスをしやすい方は、怪我しやすい工場も気を付けるべきです。

起立性調節障害 就職

起立性調節障害を早く治そう

起立性調節障害の症状がある内は、確かに就職するにおいて不利だし、出来る仕事も限られてしまいがちです。だから早く治すべきなのです。治ってしまえば、どんな就職先も怖くなくなる訳ですから、早く起立性調節障害を治してしまいましょう。しかし皆様は、その起立性調節障害の治し方が分からないのかもしれませんね。何しろ薬やサプリメントが効かない事が多いのですから。

薬を使わない手技根本療法

そこで遠藤自律神経研究所は薬を使わない手技療法で、起立性調節障害を根本的に改善させます。当所は起立性調節障害を専門的に施療してますのでお任せ下さい。改善すれば皆様も、ご自分の希望する仕事に就けますので、就職活動にも積極的になる事が出来ます。どうぞ頑張って下さい。私も施療をとおして、皆様の就職活動を応援いたします。