起立性調節障害と夜更かし

起立性調節障害の人は、夜更かししてしまう事がよくあります。しかしそれは、わざと夜遅くまで起きてる訳ではありません。本人だって明日の朝に備えて、早く寝ようと思って22時頃には布団に入いる訳です。しかしそれでも寝れなくて困ってるのです。やがて本人も早く寝る事を諦めてしまい、仕方なく夜更かししてしまうのです。それが起立性調節障害の典型的な症状なのです。だから夜更かしというと、何だかわざと起きているイメージがありますが、それとは違います。

 

本人だって夜更かしは不本意

起立性調節障害の子供は夜は2時、3時まで寝れなくて困っていて、朝は朝まで早く起きれずに困ってます。すると親は子供につい、「早く寝なさい! 夜更かしなんかしてるから、いつも朝起きれないんだよ!」と怒鳴りたくなります。確かに夜遅くまで、スマホなんかいじってる子供を見てると、わざと夜更かしをしている様に見えてしまいます。しかし夜早く寝れないのが、起立性調節障害の特徴なので仕方が無いのです。本人だって夜遅くまで起きてるのは不本意なのです。

早く寝ようとする努力は必要

しかしだからと言って、夜更かしをしても良いという意味ではありません。そんな考えだと、ますます起立性調節障害が改善しずらくなります。やはり早く寝ようとする努力は必要なのです。だから諦めないで22時~23時の間には布団の中に入って寝ようとして下さい。

起立性調節障害 夜更かし

夕食は8時までに済ませる

起立性調節障害の為に、夜寝れないからと諦めてしまい、夜更かしをして、夜遅く食べるような習慣はいけません。夕食は遅くても8時までには済ませて下さい。そして22時~23時までの間に布団に入るようにして下さい。夜遅い時間に夕食を食べて、すぐに寝ようとしてはいけません。熟睡出来ないからです。夕食後から寝るまでに2~3時間は空けるべきなのです。

夕食後のスマホは控える

起立性調節障害の人は、スマホやTVゲームに夢中になる事もありますが、それだとますます夜更かしの症状が改善しずらくなります。と言うのはスマホ、TV、パソコンという画面を見過ぎると脳が疲れてしまうのです。その状態で、寝ようとしても寝れない事が多いのです。するとますます起立性調節障害の人は、夜更かしが酷くなってしまいます。その為、スマホやパソコンは、特に夕食後は控えるようにして下さい。

早寝早起きの為の施療

ところで起立性調節障害を専門に施療を行っている埼玉県さいたま市の遠藤自律神経研究所は、皆様の夜更かしの症状を改善させる事が出来ます。もちろん朝もスッキリ早く目覚める事が出来るようになります。だから理想とする早寝早起き習慣が再び出来る様になります。